養育費の給料差押さえ(強制執行手続き)をする方法


*強制執行手続きなどの裁判所提出書類の作成は弁護士業務となるため 行政書士柴田法務事務所では強制執行手続きに関わるご相談、書類作成等は一切行っておりません。本ページは一般の人が自分で手続きをするための方法が分かる手続きキット(e-book)を紹介するページとなります。



*現在、販売中止となっております。




現実に普通のシングルマザーが自分で給料差押さえ手続きをすることに成功しています。



立ち読み版を公開中!! こちらをクリックしてご覧ください
立ち読み版はPDF形式のファイルで公開しています。PDF形式のファイルをご覧頂くにはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。Adobe Acrobat Reader をお持ちでない場合は、こちらからダウンロードしてください。



養育費請求、給料差押さえをする方法
あなたに『公正証書』 or 『調停調書』を使って、自分で給料差押えをするための手続きキットを紹介いたします。


あなたは養育費の未払いで困っていませんか?

どのように行動をすれば良いのか不安を持っていませんか?

そんなあなたのために…

素人でも簡単に給料の差押えをして養育費を 支払ってもらう方法をお教えします

ここに注目です!
毎月先着10名様までは特別価格(19,800円14,800円)で提供!
弁護士に依頼をしなくても大丈夫!(弁護士に依頼をすると着手金(*)だけで約10万円)
    *弁護士に依頼をした場合、成功報酬を含めるとより高額な報酬が必要となります。
法律の知識、書類の書き方は知らなくても大丈夫!
『公正証書』or『調停調書』で養育費の取決めをしていれば、給料差押をして、
     会社から毎月給料天引きであなたの口座へ養育費が支払われます。
全額返金保証付きなので、金銭的なリスクはゼロ!
     あなたに手続きキットの内容に、ご納得頂けない場合は、無条件で料金全額
     を返金します!
手続きに必要な全書式のひな形付き!


本手続きキットでは、購入を迷われているあなたのために…

全額返金保障つき


手続きキット利用者の声

このような弁護士に依頼をしなくても養育費の給料差押え手続きをするためのキットはやはり多くの方が必要としていました。 発売と同時に多くの方にご利用頂きました。

埼玉県・MI様 30代 女性
このキットを知るまで弁護士に依頼をして給料差押手続きをしようか、迷っていました。しかし、着手金だけでもそれなりのお金が必要と分かり、自分で手続きができないかなー・・・と思っていたときにちょうどこの手続きキットを発見しました!
正直なところ、期待はずれになるのでは?という怖さもありましたが、返金保証も付いていたので思い切って購入してみました。
結果は・・・   見事私でも自分で手続きができました!!
内容も分かりやすい解説と雛型でとても助かりました(^^)
東京都・とことこ様 20代 女性
購入する前は例え14,800円で、弁護士報酬より安くても自分で手続きをするということに不安がありました。14,800円でも私にとっては大金ですからね…

でも購入してみてその不安はなくなり「自分でできそうだ!」という思いになりました。
実際今はまだ手続きをしている途中ですが、順調に進んでいますし問題なく強制執行手続きができそうです!
東京都・NS様 30代 女性
購入してからマニュアルを見て「これなら弁護士に依頼しなくても大丈夫そう♪」と思いました。
ですが、今のところは利用する予定はありません^^;
将来必要になるかもしれない&これを持っていることで相手にプレッシャーを与えることができそうだから購入したからです。
迷っている方には購入をおすすめします。ですが、自分で動くことがイヤな方は弁護士などに依頼したほうがいいと思います。
京都府・YK様 40代 女性
この手続きキットを買う前に市販の本を買って給料差押をしようとしたのですが、細かい部分で分からないところが多く結局給料差押は手つかずのままにしていました。
しかし、これを買ってマニュアルを見てみると難しい言葉も使われたおらず、素人にも分かりやすい内容でとても良かったです。
給料差押の手続きについて相談ができないという点では、残念な部分もありますがこのマニュアルであれば、これだけで相談をしなくても十分対応できそうです。
良い手続きキットをありがとうございました。
神奈川県・AY様 40代 女性
購入するまでは迷ったんですが、購入してみて「間違いなかった☆」と思いました!!
一度は弁護士事務所にも相談に行ったけど、依頼をした場合の報酬額を聞いて依頼をすることをためらってしまいました。
そんなときに見つけたこの商品だったので、運命を感じてしまいました(笑)
冊子の内容も分かりやすく、ひな形を埋めるだけで書類も完成するので素人の私にはぴったりでした(^_^)/
masaちゃん様 20代 女性
今月の初め、元主人からいきなり「今月から養育費は全額ストップする」と言われまし た。理由は子供(5歳の男の子)が最近、父親との面会を拒むようになったからです。

3年前に元主人と離婚してから毎月子供の面会も月2回、養育費もきっちりともらってい ました。ところが、子供が6月に入ってから父親との面会を嫌がるようになったのです。

私は、面会と養育費は全くの別問題ですと言っても、全く取り合ってくれません。

仕方なく、3年前に調停離婚した家庭裁判所に連絡をし、これまでの未払い分と今後も養 育費を毎月払うようにとの履行勧告してもらいました。
元主人は大学卒業後、大手企業に正社員として勤務している会社員です。

どうすればいいか・・・何か良い方法はないかしら?弁護士の先生に依頼すれば簡単かもしれないけれど、回収した養育費以上の費用がかかってしまう・・・と悩んでいた時にインターネットで『誰でもできる!! 「養育費を回収するための給料差押え手続きキット」』を知り、すぐに購入しました。

読んでいて、これなら素人の私にでもできると思いました。早速元主人の会社の登記簿謄本等書類を集めようと思っていましたが、1週間後、家庭裁判所の調査官から連絡があり、元主人から今月分とこれまでの未払い分の養育費を今月末までに支払いますとの事。養育費差し押さえまではいきませんでしたが、今後またいつ元主人が養育費を支払わないと言ってくるかわかりません。

その時のために、このキットを大切に持っておこうと思います。
長野県・はあ様 30代 女性
うまくダウンロードできずに困りました。高額商品なのでもう少し親切でも良いのではと思います。




(行政書士・柴田崇裕からのお詫び、ご対応)
この度は、ダウンロード手続きでご迷惑をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げます。

今回のご意見を受けて、ダウンロード版ご購入時にダウンロードがうまくできない場合に備えてメールの添付ファイルでのお届けも可能なことをお伝えするメール配信をはじめました。お届けしたメールへ返信メールを頂けましたら迅速にメール添付ファイルにてお届けいたします。また、ダウンロードシステムを構築している会社へ改善要望をいたしました。

当然のことではありますが、ご購入頂いた方に商品がお届けできないということは絶対に無いようにいたします。

今後はご購入者様がスムーズに手続きキットを取得できるような体制を整えさせて頂きます。
*利用者の声は、ご購入者様の声の内掲載許可を頂いたものを掲載しています。
*日本語・文法の間違いなどについては一部修正の上掲載することもございます。






どのような内容のものか詳しく説明を始めたいところですが、その前に…
養育費請求、給料差押さえをする方法
行政書士柴田法務事務所
離婚問題を専門に扱っています行政書士の柴田崇裕です。

「私が責任を持って”手続きキット”を作成しました」

行政書士柴田法務事務所・所長
2005〜2007/8 鳥取県消費生活審議委員会 委員(*)
*消費者の保護及び、悪徳事業者を取り締まる条例制定などに関わる。





手続きキット作成者の著書・活動などの紹介

(著作) 総合法令出版

年金時代
月刊年金時代(記事執筆)

週間ポスト
週刊ポスト(取材)

コーラス
監修作 別冊コーラス掲載 集英社

監修作 ザ・マーガレット掲載 集英社
毎日新聞
・毎日新聞(取材)

TV,ラジオ等
出演

平成20年10月27日(月) 「里見まさとのSCAN KYOTO」に電話で生出演。

↓下記のボタンをクリックしておくと、再度このページを見るときに便利です。



残念ながら、養育費をきちんと受け取っている家庭というのは少ないのが日本の現状です。
月額5万円の養育費だとしても、10年支払ってもらったとすると600万円と言う大きな金額に なるものなのです。

あなたは600万円というお金を… 手に入れますか?それともその権利を放棄しますか?


この600万円があると無いでは、お子さんの養育環境が大きく変わると言うのが現実です。
例えば・・・
養育費請求、給料差押さえをする方法
諦めていた私立学校への進学が可能になる。
子供の夢や希望に沿った進学をさせてあげられる。
仕事の負担が軽くなり、子供と触れ合う時間が増える。
家族旅行など、思い出を作る事に余裕が生まれる。


などちょっと考えただけでも、あなたの生活で変わる部分は多くあるのではないでしょうか。
とはいえ、実際には養育費をきちんと受け取っている家庭は少ないのが現実です。
では、何か良い解決法は無いのか?


「給与差押え、強制執行」と言う手段があることをご存じですか?


強制執行により、給料の差し押さえを行います。毎月、相手方の会社から直接あなたの口座へ養育費が 支払われるようになるのです。相手方の給料から天引きのような形で、養育費を受け取れるのです。



離婚(又は離婚をした後)をするときに、あるもので養育費について取り決めをしている場合は“給料差し押さえの強制執行手続き”という非常に強力な手段が取れます。
そのあるものとは・・・

公正証書 or 調停調書 です

*公正証書には強制執行をすることについての合意がある文章が記載されていることが必要です。通常養育費の取り決め時には記載されています。審判・判決書でも可能ですが、本キットでは「公正証書・調停調書」についてのみ扱っています。



名前(姓)
名前(名)
メールアドレス



“公正証書”“調停調書”さえあれば、あなたは“給料差押さえの強制執行手続き”をして父親が勤める会社の給料から天引きにするような形で直接養育費を受け取ることが可能になるのです。



しかし、実際には裁判所での手続きになるということもあり、手続きができるかどうか不安を抱えたまま結局手続きをしない方が多くいるのです。



たしかに手続きの仕方というのは、素人が簡単にできるとは言いがたいもので、全てを一から手続きするというのは大変なことだと思います。



そこで、次に考えることが「弁護士などの専門家に依頼をする」ということですが、弁護士などに依頼をした場合、その報酬額は着手金だけで10万円程度はかかるものなのです。成功報酬などを含めれば更に高額になります。これだけの報酬額ともなれば、依頼をすることを躊躇してしまうのも当然のことだと思います。



そうなるとあなたが自分で手続きをすることも考えたいところだと思いますが、そこでも色々な不安がでてくると思います。

    専門家でないと手続きをすることは無理じゃないの・・・
    裁判所に出す書類なんて書いたことが無いから分かるはずが無い・・・
    難しい言葉で説明されても分からない・・・
    自分で出来なくて結局弁護士に依頼することになったらどうするの・・・


などなど、あなたが抱える不安は多くあると思います。



そんなあなたや、養育費の問題を解決したい人のために、作成されたのが・・・

誰でもできる!!「養育費を回収するための  給料差押え手続きキット」

です。

手続きキットの内容は以下のとおりです

   養育費強制執行の基礎知識
     ・養育費はいくらまで差し押さえができる?
     ・給料差押前の注意事項
   手続きに必要な書類の紹介
     ・給料差押手続きに必要なすべての書類を一覧で紹介(書類の書き方も別項にて、全て解説しています)
   公証役場、家庭裁判所での手続き
     ・誰にでも分かるように順を追って説明
   養育費の支払者の住所が不明の場合の調査方法
     ・給料差押手続きをするには、相手方の住所を把握しておく必要があります。その住所が不明な場合の調査方法を解説
   公正証書、調停調書それぞれに基づいた書類の書き方
     ・提出書類を一枚一枚分かりやすく書き方を解説
   会社員、会社役員(社長等)、公務員等の職業に合わせた書類の書き方
     ・相手方が会社員の場合や公務員の場合など相手方の状況に合わせた書類の書き方を解説
   必要書類の集め方
     ・戸籍や商業登記簿謄本などの集め方を解説
   各地域の裁判所問合わせ先
     ・不明なことを気軽に問い合わせができるように全国の裁判所の問い合わせ先一覧を紹介
   手続き後の養育費の回収方法
     ・肝心の給料からの養育費の回収方法を解説


以上のように給料差し押さえの強制執行手続きに必要な手続き方法や知識は全て盛り込んであります。難しい法律用語での説明はしておらず、手続きに必要な知識を“誰にでも分かるように”解説しています。


立ち読み版を公開中!! こちらをクリックしてご覧ください
立ち読み版はPDF形式のファイルで公開しています。PDF形式のファイルをご覧頂くにはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。Adobe Acrobat Reader をお持ちでない場合は、こちらからダウンロードしてください。


(基本的に一般の方向けに作成されたキットですが、弁護士・司法書士の方で強制執行手続き業務を扱ったことが無い方にはお役に立てるキットになっていますので、専門家の方でもお気軽にご活用ください。)

さらに特別プレゼントとして

書式ひな形データが付いてきます
*PCが使えない方のために書面ひな形も付属しています。
(収録データ)
@委任状 執行分付与、送達証明書取得用
A債権差押命令申立書
B当事者目録
C請求債権目録 公正証書利用時の子供が1人の場合
D請求債権目録 公正証書利用時の子供が複数の場合
E請求債権目録 調停調書利用時の子供が1人の場合
F請求債権目録 調停調書利用時の子供が複数の場合
G差押債権目録 支払者側が会社員の場合
H差押債権目録 支払者側が役員報酬と給料の両方を受け取っている場合
I差押債権目録 支払者側が役員報酬のみの場合
J差押債権目録 支払者側が公務員の場合
K取立届
L取立完了届
M取立届の別紙

以上のように、給料差し押さえの強制執行手続きに必要な書類ひな形データを全て収録させて頂きました。空欄を埋めるだけで書類は完成します。
(冊子版購入希望者にはCD−R及び、ひな型書面・ダウンロード版購入者にはメールの添付ファイルでお届け)


これだけの解説、書式雛型があれば誰でも給料の差押え手続きが可能となります。


あなたにお送りするものをまとめると、
『給料差押えの強制執行手続きマニュアル』
                 
『手続きに必要な全ての書類ひな形データ』
*冊子版購入希望者にはCD−Rデータの他、ひな型書面も付きます。


この手続きキットを使えば・・・


法律のことなんて知らなくても大丈夫です。

書類の書き方なんて知らなくても大丈夫です。

弁護士に依頼する必要もありません。


現実に普通のシングルマザーが自分で給料差押さえ手続きをすることに成功しています。



実際に養育費を受け取ることに成功して、今までとは生活が変わっているのです。

あなたも数ヶ月後には生活が 変わっています。



「給与差押、強制執行」の手続きは、自分でする事が可能なのです!


とはいえ、あなたが心配しているとおり「給料差し押さえなどの強制執行手続き」は、自分で行おうとしても手続きの方法が煩雑で 一から自分でするのは、とても大変なものであることは事実です。


そこで、行政書士として離婚問題を専門に扱っている私は、何か皆様のお力になる事ができないだろうか?と考えました。 そして出た結論が・・・


誰にでも、給料差押えの強制執行手続きができるような手続きキットを作ろう!



と言う考えに至りました。

この手続きキットを使えば、誰にでも簡単に法手続きを行う事が出来るように、何度も 試行錯誤を繰り返し、ついに完成したのが・・・


誰でもできる!!「養育費を回収するための  給料差押え手続きキット」


なのです。


現在でも書店に行けば、養育費の強制執行手続きについて書かれた書籍はあります。しかし、誰でも出来る とは名ばかりの、体験記のような給料差押手続を紹介したものや、司法書士・弁護士などの専門家でなければ 理解できないような書籍しかないのです。





しかし、それでも「本当に自分にできるのか不安・・・」と感じられる人もいらっしゃることでしょう。


そこで、そんな心配も無くすために・・・

全額返金保障つき



本キットを使って上手くいけば養育費を受け取ることができますし、本キットの内容があなたにとって納得のいくものでなかった場合は全額返金されるので、あなたには本キット購入による金銭的なリスクは無いということです。返金の申し出をされたときも商品をお返し頂く必要はありません。


つまり…







もちろん、そのように返金制度を悪用する方はいないと信じていますが、この制度を利用すればこのようなことも可能だということです。当然ですが、この返金制度を悪用する意図がなくても本商品にご満足頂けない場合はお気軽に返金を申し出てください。


ただし、今後この強制執行手続きキットがご購入頂いた大半の方から内容についてご支持頂けると判断した時点で、全額返金の保証は無くすことを予定していますのでご購入を検討されている方はご注意ください。

現時点でのご購入者様には全額返金保証を適用させて頂きます。






ここまでの保証を付ける理由として養育費が月額5万円として10年受け取った場合の金額が
 600万円
にもなることがあります。



あなたにも養育費というお子さんのための権利を行使して、生活を変えて頂きたいのです。







この強制執行手続きを弁護士に依頼をした場合は最低でも10万円程度(成功報酬等を含めればより高額になります)はかかるものですが、本キットは出来る限り多くの養育費の不払いで困っている方に利用して頂きたいと願っています。


さて、肝心の本キットの価格ですが出来る限り多くの方が手軽に利用できる価格に設定したいと思っています。


本来の適正価格としては…



30,000円です。



専門家に依頼をすれば10万円以上はかかる手続きですし、養育費の一か月分程度の価格と考えれば上記程度の価格での提供で良いと考えています。


とはいえ、より多くの方に利用して頂きたいという思いもありますので次の価格での提供とさせて頂きます。



19,800円


しかし、更に本気で養育費の問題を解決したい考えているあなたのために特別価格として





*現在、販売中止となっております。





誰でもできる!!「養育費を回収するための給料差押え手続きキット」 価格



以上の価格で提供させて頂きます。



手続きキットの販売にあたってはPCの操作に不慣れな方のためにも以下のとおり、ダウンロード版のほか、冊子版の通信販売にも対応しております。


購入方法
ダウンロード販売
PDFファイルをご購入後ご案内するページからダウンロード、書式ひな型データはメールでの添付ファイルでお届けします。PDFファイルがダウンロードできなかった場合は、PDFファイルもメール添付ファイルでお届けすることも可能です。
(PDFファイルとは?・・・PC上で強制執行手続きマニュアルを電子データとして見るものです。ご自分で印刷して頂ければ冊子としてご覧頂くことも可能です。)
PDFファイルは読むのにAdobe Readerが必要となります。Adobe Readerはこちらで無料でダウンロードできます。

通信販売(+1,050円・送料込)
強制執行手続きマニュアルの冊子及び、書式ひな形データ入りCD-R及び、ひな型書面をご指定の住所へお届けします。PCの操作・知識等に不慣れな方にはこちらをおすすめします。


購入を検討されている方から良く頂くこの給料差押さえ手続きキットについての代表的な質問にお答えします。

Q法律を知らなくても大丈夫ですか?

Aはい。大丈夫です!!


Q書類の書き方を知らなくても大丈夫ですか?

Aはい。大丈夫です!!


Q弁護士に依頼する必要はありますか?

Aいいえ。その必要はありません!!
(弁護士に依頼をすると着手金だけでも10万円程度、成功報酬を含めると更に高額になります)

Qこの強制執行手続きキットを利用すると給料から天引きで養育費を受け取れるようになるということですか?

Aはい。そのとおりです。原則として毎月相手方の勤務する会社(公務員の場合も可能です)から養育費があなたの銀行口座へ直接振り込まれます。


Qもしこの強制執行手続きキットが役に立たなかった場合はどうなりますか?

A購入後、内容について納得できないという場合は、ご購入代金をメール1通(ご購入日、購入に利用したメールアドレス、ご購入者名)を送って頂くだけで返金を行わせて頂きます。(ご購入から60日以内に限ります)


Qこの強制執行手続きキットを利用して給料差押えの強制執行手続きをするのに必要はものはありますか?

A養育費についての取り決めをした公正証書調停調書が必要となります。ただし、これから公正証書や調停調書を作成するという方も、万が一の『保険』としてこのキットを購入して一緒に保存しておけば将来に向けてより安心できます。


Q養育費だけではなく慰謝料や財産分与の強制執行手続きにも利用できますか?

A大変申し訳ないのですが、本手続きキットは養育費の給料差押え手続きのみの対応となっています。



お問い合わせはこちらから
メールはこちらから


本キットの販売にあたっては次のとおり、毎月10名様までの割引価格にて提供させて頂きます


限定したご購入者様へ割引価格で提供する理由は、ご購入者様への特典ひな形のメール送信の手配、通信販売でのご購入者様への冊子送付等の作業に時間がかかるため、あまりに多くのご注文を頂くとご対応が難しくなるためです。もちろん、月間10名様を超えた時点でのご購入者様にも万全の対応をさせて頂きます。









*電話での受付は10〜19時となります。また、注文専用ダイヤルのため商品に関する御質問は上記からはお受けできません。

特定商取引法の表記

お支払い方法は以下よりお選び頂きます
銀行振り込み
クレジットカード
コンビニ





お問い合わせはこちらから
メールはこちらから

↓下記のボタンをクリックしておくと、再度このページを見るときに便利です。



購入を検討されている方から良く頂くこの給料差押さえ手続きキットについての代表的な質問にお答えします。


Q本当に法律の知識の無い素人でも手続き可能なのですか?

Aはい。実際に法律知識がなにもない普通のシングルマザーが強制執行手続きに成功しています。


Q養育費の支払者である父親は自営業者なのですが、このキットは利用できますか?

A申し訳ございません。自営業者には“給料”というものが無いため、本キットをご利用頂いても給料差押さえ手続きをして頂くことはできません。

 ただし、有限会社・株式会社などの役員(社長・専務等)であれば役員報酬・給料を差押さえることが可能です。そのような場合に対応した書式例も紹介しています。


Q強制執行手続きについて相談をすることも可能ですか?

A大変申し訳ございませんが、法律の制限により弁護士・司法書士以外は裁判所手続きについてのご相談対応をすることができません。しかし、本キットの豊富な記載例や解説によりご自分での手続きは十分可能なものとなっております。また、本キットにより大部分の手続きは自分で行えるため、万が一疑問点等がでてきた場合でも裁判所への電話等での問い合わせ時も、自分がすべきことを明確に質問できるため必ずあなたのお役に立つことができます。


Q養育費の支払者である父親の勤務先が不明の場合でも、強制執行手続きはできますか?

A給料差押え手続きをするためには、父親の勤務先を把握していることが必要となります。友人、知人などを通じて父親の勤務先を調べて頂く必要があります。

ただし、調停調書(公正証書では不可です)での養育費の取決めがしてあれば財産開示手続(勤務先などの情報を開示するように父親に裁判所が命令する制度)を利用できる場合もあります。ただし、ある程度自分で父親の財産を調査する必要があるなど越えるべきハードルもあります。詳しくは裁判所又は弁護士にご相談ください。


Q公正証書・調停調書ではない「審判書・判決書」に記載されている養育費の強制執行にも利用できますか?

A本キットは「公正証書・調停調書」で養育費の取り決めをしている方へ向けたものとなっておりますので、そのまま利用できるということはありません。記載方法等をご自身で変更しながら利用して頂くことは可能です。


Qダウンロード版と冊子版の違いはなんですか?

Aダウンロード版は商品の内マニュアルをPDFファイル、ひな形データはメール添付ファイルでのお届けをする形となります。
冊子版は、ご購入者様のご自宅にマニュアルを冊子にしたもの、ひな形データをCD-Rに収録したものを宅急便にてお届けする形となります。
提供する商品は同じものとなりますのでご安心ください。


Qもし、この強制執行手続きキットの内容に納得できなくて、返金を申し出るときはどのように返金の申込みをすれば良いのですか?

Aご購入後に送信させて頂きます「行政書士柴田法務事務所のメールアドレス宛て」にご返信頂くだけで結構です。その際、お名前・購入日・登録メールアドレス(購入申込時に使用するメールアドレス)・返金先銀行口座をお知らせください。



以上で、あなたに伝えるべきことは全てお伝えいたしました。
あなたの貴重な時間を割いてここまでご覧頂きありがとうございました。

この強制執行手続きキットによって、あなたとお子さんの将来が変わることを心より願っております。

お問い合わせはこちらから
メールはこちらから


誰でもできる!!「養育費を回収するための給料差押え手続きキット」 価格 毎月先着10名様のみに特別価格で提供




*電話での受付は10〜19時となります。また、注文専用ダイヤルのため商品に関する御質問は上記からはお受けできません。


特定商取引法の表記


立ち読み版を公開中!! こちらをクリックしてご覧ください
立ち読み版はPDF形式のファイルで公開しています。PDF形式のファイルをご覧頂くにはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。Adobe Acrobat Reader をお持ちでない場合は、こちらからダウンロードしてください。




お支払い方法は以下よりお選び頂きます
銀行振り込み
クレジットカード
コンビニ

名前(姓)
名前(名)
メールアドレス



追伸1
ここまで読まれてもまだ自分では手続きができないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、このキットは誰でも簡単に自分で手続きができるようになることを目標に作成されたものです。

あなたが自分で手続きをする中で、分からない点がでてきてもこのキットの手順を確認すればその疑問は解決することでしょう。

必ずあなたの力になることをお約束します。


追伸 2
既に述べていますが、このキットには、もしあなたにとって納得のいくものでなかった場合には全額を返金する保証を付けています。
(本ページの中程にある返金規約をご覧ください)

つまり、もしこのキットを購入された方々から返金の申出を受ければ料金を全額返金することになるわけで、当然決済手数料などは弊事務所の負担となるため赤字になる可能性もあります

それでも、全額返金保証を付けるだけの絶対的な自信がこのキットにはあるのです。

私は、行政書士という専門職であることから普段は

「迷っているなら依頼をしないほうがいいですよ」

といいます。

しかし、このキットは別です

購入を迷われているのであれば、一度購入して自分での手続きが無理そうであれば返金を申し出れば良いのですからあなたにリスクは無いのです。

ですから、自信を持って言います。

「養育費の不払いで悩むあなたの力にならせてください。」

購入して納得のいくものでなかった場合はお気軽に返金を申し出てください。





誰でもできる!!「養育費を回収するための給料差押え手続きキット」 価格 毎月先着10名様のみに特別価格で提供




*電話での受付は10〜19時となります。また、注文専用ダイヤルのため商品に関する御質問は上記からはお受けできません。




お問い合わせはこちらから
メールはこちらから

お支払い方法は以下よりお選び頂きます
銀行振り込み
クレジットカード
コンビニ







*電話での受付は10〜19時となります。また、注文専用ダイヤルのため商品に関する御質問は上記からはお受けできません。

特定商取引法の表記


養育費回収のための「自分で給料差押え強制執行手続きキット!」は日本全国販売対応しております。下記が対応可能地域(抜粋)です。
北海道(札幌市) 青森県(つがる市) 岩手県(宮古市) 宮城県(仙台市) 秋田県(大仙市) 山形県(鶴岡市) 福島県(いわき市) 東京都(千代田区、世田谷区、目黒区、中央区、港区、大田区、品川区、渋谷区、中野区、杉並区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、江戸川区、葛飾区、北区、台東区、文京区、荒川区、足立区、豊島区、板橋区)(立川市、武蔵野市、八王子市、町田市、三鷹市、西東京市、国立市、狛江市、国分寺市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、稲城市、多摩市) 神奈川県(川崎市、横浜市) 埼玉県(さいたま市) 千葉県(成田市) 茨城県(北茨城市) 栃木県(足利市) 群馬県(前橋市) 山梨県(北杜市) 新潟県(新潟市) 長野県(長野市) 富山県(富山市) 石川県(うるま市) 福井県(福井市) 愛知県(豊田市) 岐阜県(岐阜市) 静岡県(静岡市) 三重県(三重市) 大阪府(大阪市、堺市) 兵庫県(姫路市) 京都府(京都) 滋賀県(大津市) 奈良県(橿原市) 和歌山県(田辺市) 鳥取県(米子市、倉吉市、境港市) 島根県(松江市、出雲市、大田市) 岡山県(倉敷市、新見市) 広島県(廿日市市) 山口県(山口市、岩国市) 徳島県(鳴門市) 香川県(東かがわ市) 愛媛県(松山市) 高知県(中村市) 福岡県(宗像市) 佐賀県(伊万里市) 長崎県(諫早市) 熊本県(玉名市) 大分県(臼杵市) 宮崎県(延岡市) 鹿児島県(霧島市) 沖縄県(那覇市)

以上、離婚の慰謝料と養育費研究会は不倫、離婚慰謝料請求、養育費問題日本全国対応いたします。